ハースストーンについて

はいこんにちは。

今回は満を辞してハースストーンを紹介したいと思います。

僕が1週間で一番プレイしているのが多いゲームですね。

 

①ハースストーンとは

f:id:embers637poke:20171017204416j:image

以下Wikipediaより抜粋

 

Hearthstone: ハースストーン はブリザード・エンターテイメントが開発したコレクティブルカードゲーム(CCG)。

 

大学のレポートでWikipediaなんて引用したら単位さよならばいばいだから気をつけようね。

引用しといてなんですが横文字ばっかりでよくわからないですね、簡単に言うと実物のカードなしで遊べるカードゲームってことですね。

 

 

そんなもんシャドウバースでもうやったわ(読者)

 

…はい。日本人のオタクであればみんなが一度はやったことあるはずなので説明は省きます。

ハースストーンはシャドウバース(なんかわざわざ正式名称で呼ぶの腹立ってきたんで以下うんちバースと表記します)の前身です。

ハースストーンが先ですからね(重要)

 

まあそんなわけで海外のブリザードという会社が制作したうんちバースのパクリ元のカードゲームということです。

 

今回はハースストーンの全貌というよりは、シャドウバースをプレイしたことのある人たちにハースストーンのほうが面白いよってことを伝えるために記事を書きました。

ハースストーンのことだけ書いても仕方ないのでうんちバースとの相違点を主眼として魅力を語って行きたいと思います。

 

②どこが違うの?

それでは実際の相違点、というかハースストーンにだけあるものについて書いていきます。

まずは…

 

ヒーローパワー

f:id:embers637poke:20171017204353j:image

 ここが一番の違いですね。うんちバースがハースストーンを下地にしたときに排除し、代わりに進化というシステムを導入した部分です。

ハースストーンには9人のヒーロー(うんちバースでいうクラス)が存在しますが、それぞれにヒーローパワーというものが与えられています。

これは毎ターンにつき1回、好きなタイミングで2マナを払うことによって得られる能力です。

画像で出しているのはメイジのヒーローパワーです、2マナを払うことによって好きな場所に1点飛ばすことができます。トレードに使ったり、相手の顔を詰めることもできます。

他には2マナと2点ライフを支払うことによって1ドローできるヒーローや、2マナを払って好きな場所に2回復できるヒーローなどがいて、地味な効果ではありつつもゲーム中多くの成果を発揮するシステムです。

 2マナをいつ支払うか、などがゲームの行く末を大きく作用するため、とりあえずテンポで進化をきるようなゲームにはなりません。

また、ヒーローパワーには強化版も存在し、使いこなすにはなかなか時間がかかりますが、楽しい要素の一つとなっています。

 

 

次に

RNG

という性質です。

これはランダムナンバージェネレーターの頭文字を取った略称ですが、ゲーム中に言ったり使ったりするものではありません。

これはハースストーンが取り入れているランダム要素のことです。

カードをいくつか見たほうがわかりやすいので画像を見せていきます。

f:id:embers637poke:20171017205459j:imagef:id:embers637poke:20171017205508j:imagef:id:embers637poke:20171017205503j:image

 

もうわかったかと思います、

ハースストーンはデッキ外からカードを持ってくるというシステムがあります。 これはDCGだからこそできることですよね、うんちバースも真似したほうがいいと思います。やっぱクソゲーのままでいて欲しいので真似しないでください。

さてカードの説明に戻りますが、1枚目の怪盗紳士は登場時、対戦相手のクラスのカード全てからランダムで一枚カードを獲得するというミニオンです。

 

そして2枚目のメイルシュトロームのポータルは相手のミニオン全てに1点ダメージを与えた後、自分の場に現存する1マナのミニオン全てからランダムで1枚召喚するという呪文です。

 

3枚目の始原の秘紋は少し特殊な発見という効果で、自分のクラスの呪文カード全てから3枚がランダムで表示されます。そしてその内の1枚を選んで手札に加えることができ、そのカードはコストが2下がるというものです。

 

3枚目の発見という効果だけ自由度が高く、便利なのがわかると思います。なにせ自分で、ある程度まではカードを選べるわけですから。

共通するのは全て「デッキ外から」「ランダムなカードが自分のものになる」ということです。

このRNGという要素は非常に奥が深く、たまたま引いたランダムなカードを上手く使えると勝利にグッと近づけますし、時にはてんで使えないようなカードを寄越されたりもします。

 

多くの試行回数を稼いだ上でこのランダム要素を使いこなすことが、ハースストーンの醍醐味と言えるでしょう。

 

長くなったので今日はこのくらいにしておきます。

うんちバースとかいうクソゲーからさっさと撤退してハースストーンやったほうがいいですよ^ ^